金環日食

 17時頃には、日本列島どこでも「日食」が見れるはずだった。日食とは、太陽と地球の間を月が通過する際に生じる現象。こちらから見て、月が完全に太陽の真ん中を通ると光のわ環コロナができる。これを金環食というが、めったにお目にかかれない。日本では1646年・江戸時代初期に見られて以降まだないという。  一方、太陽の一部を隠して月が通過するケ…
コメント:0

続きを読むread more

マスク改造

 「マスクきたか」「何の」「例のアベの」「まだ」「こっちで配り始めたというニュースから10日ぐらい経っていないか」「そおお」「妹のとこにはきたんだろう」「そう。確か4日前に」ほんと、女性は記憶力がいい。「まあ、あてにはしてないけど」「明日、電話してみようかな」「どこへ」「市役所かな」「郵便局じゃないか」「そおお」「その前に、隣に確認して…
コメント:0

続きを読むread more

特別定額給付金

 ようやく市役所から関係書類が送られてきた。  といっても、難しいことはないようだ。住所・給付対象者は印字されている。申請書には世帯主=ボクの氏名を自署して押印するだけ。受取口座は水道料引落口座欄をチェック✔して終わり。あとは、健康保険証のコピーを添付するだけ。あとで、すぐ側のコンビニで複写してこよう。ちょっと、億劫だけど、なんたって…
コメント:0

続きを読むread more

群発地震

 今日は、地震地震で振り回された日だった。  一番が13時13分。あの心臓に悪い緊急地震速報がジャランジャランと鳴った。「岐阜県・長野県」と表示され、すぐNHKに切り替える。画面は高山市内を写す。固定カメラが揺れない。松本市内へ変えるが、やはり揺れない。「ウン、警報をミスったかな」と頭をよぎる。松本放送局の吊るしたプレートが少しユ~ラ…
コメント:0

続きを読むread more

「きぼう」を見た

 最近、お空を見上げることが少なくなった。明るいうちは、青空・曇り空・雨・夕日・夕焼け空を何とはなしに見ている程度。目的をもってとなると日食ぐらいか。でも、夜・暗くなると、お星さまが見えてくる。夜空となると、子供の時からワクワク感がわいてきていた。  東からまあるくでっかいお月さまが昇って来る。西はと言えばひときわ明るい金星・宵の明星…
コメント:0

続きを読むread more

三密

 今夜にも、緊急事態宣言が39県で解除されそうだ。かといって、即12月・1月のような何の警戒も制約もない社会に戻れると思ったら大間違い。元に戻ったら、多分、表に出ていない・潜伏しているウイルスが出現してくるだろう。その防御のためには、これまで通り、マスクをして「三密」を心がけていればいいのだ。新しいことをする必要なんか、何もない。それで…
コメント:0

続きを読むread more

あれやこれや

 通常なら「あれこれ」。そうなんです。ボクはひねくれ者なんです。  今日で4月が終わる。元旦から4か月経過。振り返ってみると、あれやこれやとあったのです。  年末から娘夫婦が2人の子供を連れて東京から帰省。直前まで母親である娘がインフルエンザにかかっていた。ジイジにうつさないようにと気を使っていた。有難いことだが「治ったんだろう」と…
コメント:0

続きを読むread more

籠る

 「不要不急の外出は控えること」年金受給者であるボクにとっては「言われなくても」ほとんど外出していない。ただ、月1の夜の会合を2月を最後に控えていることが、すごく寂しい。「必要・通常」の外出と位置付けているボクだが、極端に怖がっているヤツがいる。まあ、それもまた、致し方ないことか。会合場所のママ一人の「スナック」は現在休業中。閑古鳥さえ…
コメント:0

続きを読むread more

ようやく桜

 昨日17日、青森地方気象台が桜の開花を観測したと発表した。通常なら「開花宣言」となるのだが、コロナの影響で全国どこも自粛=宣言していない。2月の時点では例年どおり桜前線の予想が出されていた。かつてない暖冬だった当地は4/14となっていた。  極端に雪がなかった冬だった。12~2月間は毎日雪かきに追われる日々だったのが、今年の雪かきは…
コメント:0

続きを読むread more

「ねぶた」中止か

 いつ終息するのか。コロナウイルスの蔓延が止まらない。人混みを避けるのも必要だが、1対1で会話をしていても相手が保菌者だったらどうしようもない。報道を見ると、危機感が全くない・少ない・ノホホンとしている若い人が多いようだ。  そしたら、葬儀に参列した数人がり患したニュースに接した。そうなると、高齢者同士の付き合い方にも制約が。義理と人…
コメント:0

続きを読むread more

カタカナ表現

 コロナウイルスのおかげで、今まで聞いたことがないカタカナ表現の言葉が登場してきた。  リンク・・・感染源。クラスター・・・感染者集団。スーパースプレッダー・・・強い感染力を持つ患者。オーバーシュート・・・爆発的な患者急増。パンデミック・・・世界的大流行。ロックダウン・・・都市封鎖。  これらの言葉が、ニュースをみるたんびに耳に飛び…
コメント:0

続きを読むread more

パンデミック

 「感染症の世界的な大流行」という意味で、WHO世界保健機構が宣言した。ワクチンの増産を促すのも宣言した理由の一つという。コロナウイルス。正体不明なので、ワクチンがないし、ましてや特効薬なんてのもない。現在ある薬をいろいろ試しているようだが、これという決定的なものはない。  でも、「陽性」となって入院し、その後退院している人々がいる。…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス

 徐々に、徐々に、街中に浸透してきた。ホント怖くなってきた。ウイルスに感染して「熱がある・だるい・咳も」といった症状がスグにでてこない。これはタチが悪い。誰と接触してうつされたか・誰に接触してうつしてしまったのか。これだと、追跡調査したって無意味というものだ。家族・会社・周辺の人々に症状が出ないように願うしかない。まして、満員の通勤電車…
コメント:0

続きを読むread more

耳鼻科2

 1月上旬、耳の按配が悪いということで、生まれて初めて近くの医院で受診した。結果は「歳のせい。年齢的なもの」で終わり。その際、出された錠剤に意外な効果があった。「耳と鼻はつがっている。通りをよくしよう。アレルギーに効く」で、朝夕1錠ずつの1週間分処方された。隣にある薬局でも「犬猫のアレルギーにも」とかの説明をしてくれた。  その後、耳…
コメント:0

続きを読むread more

旅行者

 午前中、確定申告で税務署へ行って来た。数年前の申告書提出時に「申告用紙を送ってくれれば助かるのですが」と低姿勢・平身低頭してお願いした。以来、翌年から1月下旬に送付されてきている。おかげで、用紙をもらいに行く手間が省けて大助かりしている。しかも、申告すると年金から控除されている所得税が全額戻ってくる。戻ってくるから、一生懸命手続きして…
コメント:0

続きを読むread more

2月になった

 3日が節分・4日は立春。暦の上では春になる。  プロ野球はキャンプインで「球春到来」といった新聞の見出しは毎年のこと。例年なら「北国・雪国の春は4月。2月なんて冬真っ盛り。この2月の厳しい雪・寒さを乗り越えて、初めて春といえるのだ」として、雪のない沖縄を見ていた。阪神の宜野座キャンプをskyAで毎年ずうっと見続けている。今日からは、…
コメント:0

続きを読むread more

耳鼻科

 昨日1月15日で72歳に。この歳になって初めて「耳鼻科の医院」へ行って来た。我が家から2~3分程度で、そこに医院があるのはわかっていた。と言っても、建ってから20年は経っていないと思う。  年明け早々ノドがイガライガラしてきた。市販の薬でイガラはすぐ解消。症状が軽かったのか薬の効き目かは知らないが「桔梗湯ききょうとう」これはよく効く…
コメント:0

続きを読むread more

冬至

 冬至だというのに雪がない。屋根にも庭にも道路にも雪がない。遠くに見えるスキー場にも白さがない。お日様を遮る雲がない。まっこと穏やかな今日を過ごしている。  日の出から日没までが最も短い日。我が家はお汁粉にカボチャを入れて食べる。当地ではポピュラーではないようだが。今年の作り方はちょっと違っていた。小豆を煮て味を調える。これは同じ。違…
コメント:0

続きを読むread more

積もってる

 3日ほど続いた吹雪がおさまったようだ。が、全天青空とはいかない。曇り空からフンワリフ~ワリと雪が降っている。この手の雪は積もるんだ。いやだなあ。本格的な「冬」到来を思わせてくれる。このまま3月まで消えずに突っ走るのか、数日後に一旦とけてしまうのか。こればっかりはまさしくお天気次第だ。  吹雪が続いていた。連日最大瞬間風速は20m前後…
コメント:0

続きを読むread more

日高本線

 JR北海道。苫小牧から様似まで146.5kmの区間。様似からバスで襟裳岬へ。森進一「北の街ではもおお 悲しみを暖炉に~」島倉千代子「風はヒュルヒュル 波はザンブリコ~」ボクは後者の方が好きだ。  この日高本線、現在、苫小牧~鵡川むかわの30.5kmしか走っていない。鵡川~様似さまにはJRの代行バスが走っている。原因は、鵡川の先の厚賀…
コメント:0

続きを読むread more